なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低刺激周期
2012年05月10日 (木) | 編集 |
2011年7月11日(月) DAY3

前周期、2回目のカウフマン周期を経て
今周期は2回目の低刺激採卵の周期となりました。

さてさて、うまくカウフマンの効果が出てくれるかどうか
ドキドキの周期が始まります

E2   62
LH   0.2 以下
FSH  0.3

LH、FSHは前周期のマーベロンの影響で抑えられているため低い。
E2は問題なし。 本日夕方より、セロフェン1錠の服用開始。
とりあえず、10日間続けるとのこと。

前回のカウフマン後の低刺激採卵では、穿刺数が多いわりに
変性卵、空砲がほとんどだったので、数を作り過ぎて
質が落ちるのを避けたいということを相談しました。

また、採卵時に左側が痛いので、その対策も
考えてほしいとお願いしました。

次回は5日後に診てもらい、注射を始めるかどうか決めるとのこと。


2011年7月13日(水) DAY5

病院の日ではないけれど、いつもと違う症状があったので記録します。

今周期の生理はいつもより量が多く、経血の色も鮮やかな赤色。
前周期後半は、いつもの不正出血が全くなく、リセットしたのにも
驚いたが、生理にも変化あり。

いつもなら3日目でかなり少なくなり、終わってしまうのに
今周期は4日目でもしっかりとした量がある。
生理痛が4日目まで続くのも最近では珍しい。

5日目の朝にもまだ出血があり、ナプキンにもついている。
午後には出血は止まったけれど、こんなに長く生理が続いたのは
いつぶりか分からないほど。

どうか、これがいい兆候でありますように


2011年7月16日(土) DAY8

E2    45
LH   3.1
FSH 12.3

FSHは、14くらいを目指す。

E2が前回より下がっているが、理由は聞いていない。
どうしてだろ??

フォリスチム150単位をお腹に注射。
前回と同じ注射という点を指摘すると
こまめに数値と内診をして、今後の注射の内容を
決めましょうということに。


2011年7月18日(月) DAY10

E2    87
LH   7.5
FSH 18.2

FSH14を目指すと聞いていたのに、18.2と高い。
卵胞がまだ小さいので、高くなっているとのこと。

E2が上がってくると、FSHは下がる。
18.2は、問題になる数値ではないとのこと。


2011年7月21日(木) DAY13

E2   153
LH   9.9
FSH  9.1
P4   0.3

まだまだE2も低いし、卵胞も小さい。
前回同様、排卵まで19日かそれ以上掛かるかもしれない。
21日以上掛かると質に問題が出るので、早い方がいいんだけど…。

今回の採卵をキャンセルすることもできると言われたが
せっかく準備してきたので、頑張ることに。

この日は体調がかなり悪く、フラフラの状態で病院へ行きました。
というのも、7月19~20日にかけて、細菌性の腸炎になり
下痢と嘔吐がひどく、かなり衰弱していて入院の必要があると
言われましたが、断ったという次第。

このことが卵の質に影響するか聞きましたが、問題ないとのこと。
気合で、ここまで来たんだから、なんとかうまくいってほしい。


2011年7月23日(土) DAY15

E2   331
LH  10.3
FSH  9.9

E2はまだ低いが、前回の2倍になった。

FSHが低い。14~15 ある方が卵胞の数が採れるのでよい。
9.9では低いので、この調子では前回より卵胞数が
少なくなる可能性があるとのこと。

この結果を受けて、注射の単位やセロフェンの量を増やすことは
できないのかと提案したところ、あっさり承諾してもらえ
注射は前回の倍量、フォリスチム300単位となる。

でも、注射をしてもらってから、強い刺激で
沢山卵を作っても、変性卵が多くなるなら意味ないな~と
微妙な気持ちに…。 さて、どうなるかな。


2011年7月25日(月) DAY17

E2   908
LH  12.2
P4   0.5

前回、フォリスチムを倍量にしたので
E2は3倍になっているが、まだ低い。

卵胞は、9.0~14.0mm。

今日もフォリスチム300単位の注射をする。


2011年7月27日(水) DAY19

E2  1609
LH  10.8
P4   0.7

卵胞、右は12.4~18.1mm。
左は11mm前後と小さい。
卵胞の数は、8個くらい。

E2が 1609 なので、卵胞1つにつき 201。
もう少し高い方がいい。

採卵はまだ決められないので、また明日来院。
今日も注射は、フォリスチム300単位。


2011年7月28日(木) DAY20

E2  2215
LH  12.8
P4   1.1

卵胞は、右が17~20mm。
左は 11~15mmと小さい。

いい大きさの卵胞としては、6個プラスαになりそう。
左の卵が小さい場合、無理して採らないことにする。

採卵は、31日(日)がベストだが、その日は都合が悪いので
前日の15時30分に決定。 
本当なら土曜日は午前診だけなので、有難い。

今日の注射は、コーワ100単位 x 2。

<採卵までの予定>

スプレキュア (卵の成熟を促す)
7/29(金) ① 6:00
         ② 7:00
     
ボルタレンサポ25mg (座薬)
(卵胞の殻が破れないように自然排卵を抑制)
7/30(土) ① 0:00
          ② 6:00

さぁ、あとは採卵を待つだけ。

今回も採卵まで日にちが掛かってしまったので
質にどう影響するか、かなり不安…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすがにこの回は
積極的に行動されてたのですね。

やはりいろいろ分からない事は
聞くのがベストですよね。私も
聞き過ぎかなぁと思う時が時々あっても
こちらは真剣なので、かまわない!と
思うようにしてます。

けろっこさんの左側のケースも、やっぱり
我慢するとかの域は超えてますもんね。
お薬にしても相談すると、打開策があったりと
いろいろ変化が見られて、なるほど‥と
共感しました。
この回が今の赤ちゃんとの出会いですよね?
2012/05/11(Fri) 08:43 | URL  | ma #-[ 編集]
maさんへ
改めて振り返ってみると、この周期はかなり大変な周期でしたね。
腸炎はホント半端なくて、フラフラ過ぎて、病院では
車いすに乗っていましたから・・・。 入院を勧められた
翌日にもクリニックに行っているあたりが、ホント気合でした。

それに、この周期で夢クリでの採卵も4回目だったし
そろそろ結果を出したいという一心で、必死でしたね。

分からないことや質問があっても、先生によっては
聞きにくい雰囲気の方もいらっしゃいますが、その点
院長先生は聞きやすいし、聞くと何でも丁寧に
教えて下さいますよね。

そうです。 この周期で運命の卵ちゃんに出会いました!!
2012/05/11(Fri) 14:44 | URL  | けろ→maさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。