なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖のフライングと判定日
2012年05月19日 (土) | 編集 |
2011年9月16日(金) DAY32 BT6 

フライング。
今まで幾度となくやってきて、うまくいった試しがない。

外国製の早期妊娠検査薬を大量に買い込んで
毎日のようにやっていたときもありました。
でも、未だかつて一度も陽性を見たことがありません。

今回は大量に買い込むこともなく、1年以上前から
置いてあった検査薬3本が頼みの綱。
(3本あれば十分ですね

移植後で、ホルモン状態が変わったからか
緊張しているせいか、夜中に何度もトイレで目が覚めます。
その度にフライングが頭をよぎります。

でも、ダメだったときのことを考えると
怖くて怖くて、いざ勇気が出ません。 
やろうかやるまいか…。
散々迷いました。

でも、やっぱりやっちゃいました。

朝、6時半。
国産のチェックワンファースト。

真っ白…

やっぱり、まただ。
起床時間の7時半までベットに戻るが、眠れない。

また一から…。
痛い思いと高いお金。

今度また胚盤胞になる可能性はあるのか。
あっても、着床してくれるのか。
こんな思いをまた一から始めると思うと気が遠くなる…。

そんな思いが、頭の中をぐるぐる駆け巡りました。

起床時間の7時半。 再びトイレへ。
念のため、さっきの検査薬に目をやると

なんと うす~い線 が!!

よく時間差で薄く出ると聞いたことがあるけど
果たして、私もそれなのか!?

BT6なので、hCGがまだ低い可能性はある。
さっきまでの落ち込みも吹っ飛んで
少し希望が湧いてきました!!

明日、残ってる検査薬でまたやってみよう。 
どうかどうか、いい結果でありますように。


2011年9月17日(土) DAY33 BT7 1回目判定日

朝5時半。 
外国製の早期妊娠検査薬とクリアブルーでフライング。

外国製は、早期検査薬なのに全く反応なし。
クリアブルーは透かしてみると
薄~く出ているような、出てないような…。

6時半に再度見てみると、クリアブルーは変化なし。
外国製は見方によっては、すっごく薄い線が
出ているような出ていないような

これだけじゃ、分からないな。 
期待半分、諦め半分。 五分五分の感じ…。

今日は判定日。 
さて、どうなるか。 頑張ってこなきゃ。
と意気込んで、支度を始めたのですが…。

そのすぐあとに、またどん底に突き落とされました。

トイレに行って、下着に少量ついていた茶オリを発見。
用を足した後にティッシュで拭くと、結構な量がつきました

こんなに出たのは、今周期初めてのこと。
やっぱりいつもの生理前茶オリだ。

これで、完全にアウト。
今までも化学流産はあった。
今回もきっとそのパターンだ…。

完全に諦めモードで病院へ行きました。

採血をしてもらいながら、これで結果が分かるのかと思うと
またまた諦めモード。 ダメなときのことを考えると
涙が出てきそうで、待っている時間からこれだと
先生の前で号泣しそう…。

とうとう診察室に呼ばれました。

机の上に採血結果が…。
先生が話し始める前に、チラっと目に入る。

β-HCGのところが、3ケタある

もしかしたら、これは!?
と思った瞬間、先生から 『着床しましたよ』 の言葉。

よく見ると

E2      180
P4      35.6以上
β-HCG  39.3

化学流産したときは、1.7 と 0.9 だったから
その数字とは比べ物にならないくらい高い数値。

着床してくれたんだ!!!
茶オリ出てたのに、くっついてくれたんだね

完全に諦めていて、半泣きで診察室に入ったので
正反対の結果に、驚くやら、嬉しいやらで
何が何だが分かりませんでした。

39.3 という数値は、私の年齢からすると
妊娠継続率が50%くらいだそうで、次回5日後に
再度検査をして、数値が8~10倍になっていたら
良いとのこと。

どうかどうか、うまくいきますように。
半分放心状態で、病院を後にしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まさにこういう気持ちの揺れ動きですよね、
すごく伝わってきます。

何度ドキドキしたことか分かりません。
私の場合はまだ移植直前までしか
いってませんが、他では味わわない緊張というか
不安というか、ありますよね。

割と肝が据わってる方だと思うんですが、
この治療に関してはちょっと違うものが
あります。きっと、経験された人にしか
分からないかも‥ですよね。
何度診察室で(年甲斐も無く)ベソかいたことか
分かりません。茶おりがあると、なおの事
ドキドキでしたね。
2012/05/20(Sun) 08:16 | URL  | ma #-[ 編集]
maさんへ
ホントそうですよね。 
赤ちゃん待ちの通院って、独特のものがありますよね。

精神的な負担というのは、本当に相当なものがあると思います。
でも、それがどれほどなのかは、経験した人にしか
分からないんだと思います。 

茶オリはいつもダメ印でしたから、これでうまくいったことが
信じられない気持ちでした。
2012/05/20(Sun) 17:24 | URL  | けろ→maさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。