なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卵黄嚢・胎芽確認
2012年05月23日 (水) | 編集 |
2011年10月2日(日) DAY48 BT22 5W6D

毎日ドキドキさせられた出血は、BT16に薄茶のものが
下着に少しついた後から、落ち着きました

この日で出血が治まって、6日目。
出血がないと、気持ちがすごく楽!!

デュファストンの服用がなくなったので
吐き気がマシになって、食欲が少し戻りました。

この日は、卵黄嚢と胎芽の確認の日。

E2   604
P4  35.6以上

E2 が 大分上がってきたので、ジュリナ2錠 → 1錠 に減量。
P4 は 相変わらず 35.6 なので、とてもよい。

ドキドキの内診。
さぁ、どうかな。 見えるかな?

5日前、9mmだった胎嚢は、15mmになっていました。
そして無事、卵黄嚢 と 胎芽 を確認

胎芽 というのは、妊娠初期の胎児の呼び方で
卵黄嚢 というのは、胎盤が機能するまで
胎芽に栄養を送る、いわば 『栄養の袋』 なんだそうです。

このブログでは、エコー写真をアップしないので
分かりにくいかもしれませんが、どんな感じに見えるか
というと、石のついた指輪みたいな形をしています。

リングの部分が卵黄嚢で、先っちょの丸い石の部分が胎芽です。

「赤ちゃん」として形が見えたのは、今回が初めてだったので
すごくすごく嬉しくて、感動しました。

そして、なんとなんと!!

その先っちょの胎芽が
ピッコン、ピッコンと動いていました!!!

少し早いですが、心拍も確認できちゃいました~。

赤ちゃんが形として、目に見えただけでも相当嬉しかったのに
心拍が確認できるなんて、想像もしていなかったので
驚くやら、嬉しいやらで、すごく幸せな気分になりました。

赤ちゃん、ありがとう。
頑張って大きくなってね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。