なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産科デビュー
2012年05月27日 (日) | 編集 |
2011年 11月1日(火) 10W1D

無事にクリニックを卒業し、産科デビューの日。

赤ちゃん待ちをするまでは、妊娠したら
絶対通いたいと思っていた個人病院がありました。

そこは、4DエコーやLDRなど最新の設備が整っていて
アロマやマッサージ、ヨガなどを受けられる上に
入院中の食事がホテルの並みに豪華など
盛りだくさんのサービスがあるところでした。

でも、妊娠するまでにすっごく時間がかかり
高齢になってしまったことで、目新しいサービスはなくても
個人病院よりは総合病院の方が、何かと安心なので
地元の市民病院でお世話になることにしました。

家からバスで15分。 近くて楽チン!!
クリニックは1時間くらいかかっていたので
すごく楽に感じました。

9時に病院に到着し、病院を出たのが12時半。
尿検査、内診、面談、助産師さんの話などがあって
すごく時間が掛かりました。

今まで通っていた病院は、赤ちゃん待ちも脚の病院も
きれいなところばかりだったので、市民病院とのギャップに
少し戸惑いました。

病院自体は、すごく古いという感じではないのですが
今まで通っていたところが綺麗過ぎたのかなぁ。

トイレがあまり綺麗でなかったり、内診台が古く
モニターがカーテンの外側にあったり…。

でも、仕方ありません。
新しさよより、安心を選んだのだから。

担当してもらう先生は、ベテラン風の女医さん。
怖すぎず、優しすぎずといった感じ。

この日の診察で赤ちゃんは、32.6mmになっていました。
手足をバタバタと動かして、元気な様子で
心拍もしっかりしているとのことで、安心しました。

次の診察は4週間後。
クリニックでは、1週間おきに診てもらっていたので
いきなり4週間も空くのが心配になりました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。