なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院1~2日目
2012年06月02日 (土) | 編集 |
5月30日に入院したのですが、誘発がうまくいかず
週末は一旦帰宅することになったので、帰ってきました。

入院の朝は、帰宅するときは赤ちゃんと一緒だと
思っていたので、なんだか拍子抜けです。

4日間の入院経過を順を追って、書いていきます。


5月30日(水) 40W2D 入院1日目

朝9時半に病院に到着。 

入院手続きをし、病棟へ移動、
着替えをし、内診をしてもらいました。

子宮口は全く開いておらず、このまま陣痛誘発をしても
うまくいかないので、まずは子宮口を広げる処置を
するということで、ラミナリアを4本入れました。

ラミナリアは、うまくいけば1本につき
1cm開くことになるので、4本だと4cmということに。

ただし、開き方は個人差があるので
一概には言えないのだそう。

ラミナリアは、ポリープ手術の時に入れたことがあるけど
その時は、多分1本だけだったと思います。

今回は4本で、しかも私は子宮後屈なので
大分奥の方まで入れないといけなかったようで
とにかく痛かったです。

でも、お産はこれどころじゃないんだろうなと思い
我慢しました。 入れ終わった後は、ほとんど
痛みませんでした。

前日の健診後に出た茶オリは、どうやら おしるし では
なかったようで、内診時に触ったときの出血だと言われました。
期待したのに、残念

ラミナリア挿入後は、部屋に帰って安静にしていました。
午後になって、主治医の先生が来られて
今日は誘発の点滴はしないと言われました。

ラミナリアは、明日の朝まで入れておき
抜いた後、更に子宮口を広げるために
バルーンを入れるかどうか検討するとのこと。

明日、ラミナリアで4cmくらい開いていて
バルーンを入れると、更に5~6cm開くことになり
それと同時に点滴を始めて陣痛を起こしていくという
予定なんだそうです。

この日は、母がわざわざ京都から来てくれていたり
ダンナも仕事を休んでいましたが、こんなことになり
ダンナは午後から仕事に行ってもらいました。

いよいよ明日、赤ちゃんに会えるのかと思うとドキドキしました。

病室から、赤ちゃんの泣き声が聞こえると、私の隣にも
もうすぐこんな赤ちゃんが来てくれるんだなとワクワク。

いっぱいの期待と少しの不安が入り混じった状態で眠りました。


5月31日(木) 40W3D 入院2日目

昨夜は、22時40分に就寝。

就寝後3時間くらいは、お腹の痛みと尿意で
何度も目が覚めました。 トイレは1時間おきでした。

その後、痛みはマシになり
トイレは1~2時間おきになりました。

点滴でうまくいくかなぁ。
赤ちゃんが下がってきて、うまく旋回してくれるかなぁ。
ちょっと不安だけど、頑張るしかない!!
赤ちゃん、一緒に頑張ろうね~。

こんな思いで、一晩を過ごしました。

さて、いよいよ本番!!
この日も母が来てくれ、ダンナも休みを取ってくれました。

8時40分、内診でラミナリアを抜いてもらいました。
入れる時も痛かったけど、抜く時もこれまた痛い…。

子宮口は、何cmかは確認しませんでしたが
ラミナリアの分だけ開いているとのこと。

でも、赤ちゃんが下りてきていないので
このままバルーンをしてもあまり意味がないので
バルーンはせずに、点滴をしていくことになりました。

陣痛誘発の点滴は陣痛室でするということで移動。

カーテンで仕切られた空間に3人まで入れるようで
私の他にもう1人、誘発の点滴を受けておられました。

点滴は、一旦始めると夕方まで入れたままにするそうで
初めは少ない量から、様子を見て徐々に流量を
多くしていくとのこと。

お腹に赤ちゃんの心拍と、陣痛の張りを測る
モニターをつけて、9時35分から点滴が始まりました。

時間と点滴の流量は次の通り。

 9:35   5ml/h
 9:50  15ml/h
10:30  20ml/h
11:00  27ml/h
11:20  32ml/h
12:00  37ml/h
12:50  44ml/h
13:05  50ml/h
13:25  55ml/h
13:55  60ml/h
14:25  65ml/h
15:00  70ml/h

点滴を始めて30分くらいすると、徐々にお腹が張り出し
微妙に痛いような感覚が出始めました。

お腹の張りには波があり、少しきつめの痛みがくるときと
全く何も感じないときがありました。

こんな調子で、午前中はそれほど痛くはありませんでしが
お昼頃から3~4分間隔の規則的な微弱陣痛があり
痛みは、ウッと少し固まってしまう感じで
ご飯を食べていれば、お箸を止めてしまうような
感じでしたが、我慢できないほどではありませんでした。

その後、点滴の濃度を上げていきましたが
痛みが少し強くなる程度で、激しい陣痛には至らず
15時半頃、内診をしてもらいましが、赤ちゃんは
下がっておらず、この日の点滴は終了となりました。

点滴を外すと、お腹の張りはほとんどなくなりました。
明日1日点滴をして、様子を見ることになりました。

カーテン越しのすぐ隣で同じように点滴をしていた人は
何日目なのかは分からなかったけど、私みたいに1日目では
なかったようで、昼過ぎからかなり激しい痛みがきて
苦しそうにしておられました。

声だけ聞いていると、かなり痛そうで
もう今日にでも産まれるんじゃないかと思うほどでしたが
後で聞いた話では、この日には出産には至らなかったそうです。

入院1日目の夜は、赤ちゃんの泣き声が聞こえると
ワクワクした気分になりましたが、この日の夜は
本当にちゃんと産まれてきてくれるのだろうか
私も同じように赤ちゃんにおっぱいがあげられるように
なるのだろうかと、不安な気持ちの方が強くなっていました。

ダメダメ! こんな気持ちじゃダメだ!!
きっと赤ちゃんにも伝わっちゃうよね。
私がしっかりしないと
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。