なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入院3~4日目
2012年06月02日 (土) | 編集 |
6月1日(金) 40W4D 入院3日目

この日は先生をはじめ、助産師さんも忙しいようで
前日より少し遅れて、内診と点滴が始まりました。

内診をしてもらいましたが、赤ちゃんは
またまた下がっていないとのこと。

前日と同じように、点滴が始まりました。

10:40  10ml/h
11:00  20ml/h
11:30  30ml/h
12:35  40ml/h
13:00  50ml/h
14:10  60ml/h
15:20  70ml/h

前日は、微弱ながらも定期的な陣痛が来ていましたが
この日は、初めから最後まで少しの張りが出る程度で
何分間隔という定期的な張りは一切来ませんでした。

私が陣痛室に入った時は、すでに前日隣でやっていた人と
もう1人、朝早くに破水したという人がおられました。

破水した人は、11時過ぎに分娩室に移動されたので
陣痛室には昨日の人と私のまた二人になりました。

分娩室に入った人は、お昼ごろから本格的な陣痛が始まったようで
ものすごく激しい声が聞こえるようになり、怖くなりました。
そしてその後、1~1.5時間くらいで、無事出産されたようでした。

お隣さんはというと、午前中は陣痛がありながらも
合間をみて家族の人と話しておられましたが
14時くらいから本格的に痛み出したようで
激しく苦しんでおられました。

15時過ぎに子宮口が10cmになって
分娩室に移動されるまで、カーテン越しのすぐ隣で
苦しむ声が聞こえていました。

点滴をしている間は、モニターを外したり
点滴を一緒に持っていかないと行けないので
勝手にトイレに行くことができず、助産師さんに
お願いしないといけません。

でも、お産が立て込んでいるので
声が掛けられず、結構長い時間我慢していました。

すぐ隣にいらっしゃるので、陣痛の合間を見て
声を掛けようとするのですが、その合間は合間で
何か処置をしたり、励ましの声掛けを
されたりしているので言い出せず…。

私は、一向に張りが来ない自分の不甲斐なさと
トイレに行きたいけど、行けないという情けなさで
なんだかとても惨めな気分になっていました。

そして、分娩室に移動されたお隣さんは
30分ほどして無事に出産されたようでした。

その後しばらくすると、やっと助産師さんが
私のところに来てくれたので、トイレに行けました。
そしてその後、16時15分に内診をしてもらいました。

案の定、赤ちゃんは全く下がっておらず…。
陣痛もほとんど来なかったことを伝えると
今晩一晩様子を見て、特に何も変化がなければ
一旦週末は家に帰って、月曜に再入院するように言われました。

きのう子宮口の開きが何cmか聞いていなかったので
確認すると、1cm とのこと
もう少し開いていると思っていたのでガックリ。

子宮口は赤ちゃんが下がってこないと
また閉じていくらしく、またまた不安になりました。

先生曰く、子宮口は柔らかいので、陣痛がくれば
赤ちゃんは下がってくれるのではないかとのこと。

この日は、すぐ隣で2人の出産を目の当たりにしただけに
自分だけが ダメの烙印 を押されたような気持ちになって
すごく気持ちが沈みました


6月2日(土) 40W5D 入院4日目

前日の夜と朝一番にモニターをつけ、赤ちゃんの心音と
お腹の張りを確認し、特に問題がなかったので
予定通り、退院することになりました。

朝一のモニターをする前にトイレに行くと
薄い茶色のおりものが出ていました。

健診の後におしるしと間違えた茶オリが出て以来
茶オリは何度か出てきましたが、毎日内診をしているので
今回もそれだろうと思っていました。

が、便器の中を見てみると、ドロっとした
粘性のそこそこ大きい塊が出ていました。

おそらくこれは、本で読んだところによる
粘液栓 と呼ばれるものだと思います。

子宮口の進退と開大が始まると、妊娠期間中ずっと
子宮口に栓をしていた透明なゼラチン状の塊(粘液栓)が
外れることがあるのだそうです。

これがあると、赤ちゃんが産まれる準備に入ったことに
なるみたいですが、だからといってすぐに陣痛が来る場合もあれば
何週間も来ない場合もあり、すぐにお産に繋がるかどうかは
一概には言えないのだそうです。

一時退院することで、複雑な気持ちになっていましたが
どちらにせよ、いい兆候であるには違いないので
少し気持ちが楽になりました。

週末はゆっくり過ごして、また来週に備えたいと思います。

今後の予定としては、月曜日は朝から入院して
2~3日誘発をしてみて、ダメなら帝王切開になるそうです。

今度こそ、泣いても笑っても赤ちゃんに対面できるかな。
あまり深刻に考えず、なるようになるくらいの気持ちで
頑張ってこようと思います。

内心は不安で押しつぶされそうですが
なんとか頑張ってきます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ラミナリア、わたしは流産の治療のときに一本
入れたことがありますが、もう激痛でした。
もうあかん~と思うくらい痛かったです。
4本も・・(><)、よく耐えましたね。

陣痛促進は、かなりしんどい治療なんですね。
それでもやはり下から産むのが、いろいろと
いいのかなぁ。
母体も赤ちゃんも大変なら、あらかじめ
帝王切開(今はだいぶんケアが良いみたい
ですし)を選ぶのも手かなぁと思いました。
出産に関しては詳しくないので、あくまでも
わたしの何となくの感想ですが。。
2012/06/02(Sat) 22:44 | URL  | ma #-[ 編集]
そっかぁ
せっかく物理的にも精神的にも準備をして
臨んだのに、なんだか却ってつらかったね・・・。
私も要らんこと焚きつけちゃってゴメン・・・。

きっと、赤ちゃんはけろっこちゃんのお腹の中が
本当に居心地いいんだと思うよ。いいなぁ。
とはいえ、きっと来週中には何らかの進展がある
だろうから、色々と気になっちゃうだろうけど、
あまり思いつめずに気を楽にね~。

けろっこちゃんも書いてるとおり、「なるようになる!」
それしかないよ!考えたって始まらないしね♪

生まれたら生活が一変するから、今のうち
できるときに寝だめしておくんだよ~っ!!
2012/06/03(Sun) 00:13 | URL  | のび蔵 #nLFQAz4w[ 編集]
maさんへ
ラミナリア、4本ってやっぱり多いですよね~。
次の日、別の先生が抜くときに、「よく入ったね」って言われました。

誘発の点滴は人によって反応が様々で、1日ですぐに
お産になる人もいれば、数日やってやっとの人、
数日やっても無理な人と色々みたいです。

初めから帝王切開を希望すれば、もちろん
そうしてくれるのですが、私の場合は年齢と体格を考慮して
とりあえず、誘発をしてみようということになったみたいです。

どうなるかは分かりませんが、遅くとも今週中には
なんとかなりそうなので、頑張ってきますね。
2012/06/03(Sun) 14:28 | URL  | けろ→maさん #r.3wvYC6[ 編集]
のび蔵さんへ
のびちゃん、ありがとうね。 コメントは病院で読んで
すごく嬉しかったよ。 気にしないでね。

みんなからお腹の中が居心地がいいんだろうって
言われるんだけど、もうほとんど動くスペースも
なくなってるはずなんだけどね・・・。
「お外の方が広くて、楽しいよ~」って言ってるんだけど
なかなかマイペースな赤ちゃんみたいだね。 ダンナ似かな。

色々考えだすと、怖くなったり、不安になったりするから
なるべく考えすぎずに、体を休めることに専念してみるね。

3日半入院しただけなのに、すっかり体力が落ちちゃって
週末は運動どころじゃなかったよ。 
今日はしっかり休んでおかないとね。
頑張ってくるね! ありがとう。
2012/06/03(Sun) 14:34 | URL  | けろ→のび蔵さん #r.3wvYC6[ 編集]
これは私の体験談と聞いた話だけど、オシッコや便は我慢すると赤ちゃんが、下に下りてこないらしい。浣腸するとそれが刺激で陣痛始まる人もいるみたい。
ラミは、入れる時より抜かれる時の方が痛いですよねお産は痛いけど、一瞬だし、いつかは終わる。不妊治療の痛さに比べたら大した事ない。大丈夫大丈夫痛さなんてかわいい赤ちゃん見たらふっと忘れちゃうもんだよ。私はカンガルーケアの時、嬉し泣きすぎて、涙で赤ちゃんの顔見れなかった事を鮮明に覚えてます。うまく陣痛がきてくれますように!
祈ってるよぉ頑張って下さい!!
2012/06/04(Mon) 10:34 | URL  | 唯です #-[ 編集]
唯さんへ
返信、遅くなってスイマセン。
なんとか無事に産まれました~。

唯さんもラミナリア経験者なんですね。
やっぱりラミは抜くの時の方が痛いんですね。
水分含んで膨張してますもんね。

赤ちゃんが産まれた瞬間、本当にホッとしました。
カンガルーケアの時には、涙涙で・・・。
ホント色んな辛かったことが吹き飛んじゃいました。

応援ありがとうございました。 
入院中にコメント読ませてもらって、すごく励みになりました。
2012/06/23(Sat) 11:50 | URL  | けろ→唯さん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。