なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
靴下の重ね履き
2012年11月07日 (水) | 編集 |
靴下の重ね履きを初めて、まず感じたのはやっぱり温かいこと。

まぁ、普通に考えて1枚より4枚も重ねれば
温かいのは当然なんですけど、なんというか
包まれている感じがするんですよね~。

初めはどんな靴下を買えばいいのか分からなくて
色々試してみたのですが、一番いいのは
締め付けが少なくて、柔らかい素材のもの。

特に前回も紹介させてもらった 冷えとり靴下4枚セット は
Lサイズだと、長さもふくらはぎまであるので
とても温かく感じました。

私が重ね履きを始めたのは3月からと、比較的
寒い時期からだったので入りやすかったのかもしれません。

靴下を4枚も履くと履ける靴が限られてくるので
華奢な靴は履けませんが、私は脚を悪くして以来
ヒールのある靴や細い靴は履けなくなって
もっぱらクロックスか幅の広い靴を履いていたので
問題はありませんでした。

それより大丈夫かなと思ったのは夏のこと。
冷えとりでは夏でも靴下は重ねるそうで
夏場の暑い時期に靴下4枚なんて
普通じゃ考えられませんよね。

でも、それが意外といけました。
さすがに丈の長いのや分厚い靴下は暑くて無理でしたが
薄手でゆったりしているもので、比較的丈が短いのを履くと
それほど暑く感じず過ごせました。

暑い時期に4枚も履いていると汗をかいて
蒸れるんじゃないかと思うんですが
天然素材なので通気性が良いみたいで
かえってアクリルの多い靴下を1枚履いている方が
足が蒸れるような気がしました。

ちなみに、夏場履いていたのは ↓
正活絹(冷えとり健康法に一番適したゆったり靴下4枚セット)

サイズはLもありますが、普通に4枚履くなら
女性なら大きすぎるかもしれません。
人気の商品で、すぐに売り切れになっちゃいます。

とまぁ、こんな感じで靴下の重ね履きと半身浴、
それから食べるものと食べ過ぎに気をつけて過ごしていると
変化が現れました。

この冷えとり健康法は、体の中に溜まっている
毒素を排出して、健康な体に導くというもの。

毎日の半身浴と靴下の重ね履きで毒素が抜けてきたのか
体がだるくてだるくてたまりませんでした。

寒い間は、風邪のような症状によく似ていて
とにかくだるくて起きていられず
横になることが多かったです。

その当時は、風邪だと思っていたので
風邪をひいて寝込んでいるのだと思っていました。

しょっちゅう寝込んでいたので
どうしてこんなに風邪ばっかりひくのだろうと
自分でも嫌になるくらいでした。

でも、今から思えばそれは、冷えとりで言うところの
「瞑眩(めんげん)」というものだったのです。

めんげんとは、好転反応のことで、体の毒が下痢、肩こり
めまい、肌荒れなんかで出てくるのだそうです。
治ってなかった持病がもう一度出てきたりもするとか。

体がだるくなるのも、同じことで、溜まっていた毒素が
抜け始めて、そういう症状が出ていたのです。

そして、靴下を重ねることで排毒しているのが
分かるのが、靴下に穴が開くこと。

冷えとりの本や冷えとり経験者によると
履いている靴下がどんどん破れてくるとのこと。

普通に履いていれば、摩擦で破れると思いますが
それならば、一番外側の靴下のかかとの部分が
破れてくるはずですが、冷えとりでは重ねている
真ん中の靴下が破れたり、毒素の溜まっている部分から
破れたりするので、指の間だったり、普段破れそうに
ないところが破れてくるのだそうです。

足裏のつぼみたいに、ここが破れると体のどこが
悪いというのがあって、破れてくる箇所によって
自分の体のどこが悪いのかが分かるのだそうです。

病気で寝たきりの人が試してみたところ
1日で破れたという人もいらっしゃるそうです。

なので、私はいつ破れるのかなと期待していたのですが
なかなか破れませんでした。

そして、かれこれ半年ほど経った頃
とうとう破れ始めました。

長くなったので、続きは次の記事で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。