なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな負担
2007年05月12日 (土) | 編集 |
周期 ⑥ DAY 14 体温【36.73】
=========================

周期は14日目。 

高温期に入ったような体温ですが、いつもの排卵期のような
おりものは出ていないような感じなんだけど・・・
ここ3周期ほどは、排卵まで17~18日掛かっているので
いまいち、よく分かりません

まっ、排卵日が分かったところで、膝の状態が悪くて
タイミングなんて、取れないんだけどね

歩けなくなって、3週間が経ちました。

その間、家事の7~8割をダンナがやってくれています。

私が一人でできることといえば、お味噌汁を作るくらいの簡単な料理と
お米を洗う、リビングだけクイックルワイパーをかける、
食器を片付ける、くらいのもの。

洗濯をたたむにも干すにも、ダンナに連れて行ってもらわないと
無理だし、お風呂だって洗えない。 
掃除もゴミ出しも、お花の水遣りもできない・・・
ダンナは、いつも仕事が忙しく、帰宅時間は早くて22時頃
遅ければ24時をまわります。

帰りが遅くても、朝は8時前後には家を出ます。

疲れきっているのに、寝室からリビングの往復は
負ぶってもらわないといけません。

ただでさえ、忙しいダンナに本当に負担を掛けています。
ダンナは朝が弱く、平日はいくら起こしても起きなくて
休みの日は、昼過ぎまで寝ているような人でした。
それが、最近は人が変わったかのように、すぐに起きます。

夜中、私が寝返りを打つと、いつも 『痛い』 と言っており
熟睡ができていないようです。

今年に入ってから、ダンナは、タバコをやめ
ウォーキングとジョギングを始めていました 

なるべく運動したいからと、平日でも、なるべく早めに帰って
散歩に行っていました。
休みの日は、とても楽しみしており、いつもより長い距離に
挑戦したりしていました。

それが、私が歩けなくなったこの3週間は、全く行っていないのです。
GWですら、一度も行きませんでした。

一人でも大丈夫だから行ってきて。

と私が言っても、気分が乗らないからと言って、行きませんでした。

ダンナは、私のことをとても心配をしてくれていて
平日仕事をしていても、1日、3~4回電話をしてくれます。

私のこと、家事のことが心配で、いつも神経を使って
休むにもゆっくり休めない状態が続いていて
体を動かすような気になれないのでしょう。

そんな状態が続いたら、私なら、イライラしてダンナにあたってしまう
と思うのですが、肉体的にも精神的にも相当疲れているはずなのに
ダンナは、ひと言も、愚痴をこぼしません。

しんどいのに負担ばっかり掛けてごめんな

と、私が言っても

痛くて、動けないのに、けろっこの方がかわいそう。 

と、私のことを心配してくれるばかりです。

負担ばかり掛けてしまって、ダンナにリフレッシュしてもらいたくても
できないし、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

(長くなったので、続きは次の記事で
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。