なかなか子どもを授からず不妊治療をしていましたが、原因不明で歩けなくなりました。      その他、甲状腺疾患のこと、趣味のガーデニングのことなどを綴っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ手術
2007年06月13日 (水) | 編集 |
5月21日(月)

朝6時には部屋の電気がつくので、明るくて目が覚めました。
なんとか5時間くらいは眠れた感じ。

昨晩22時から絶飲食のため、朝食はありません。

7時30分、点滴の針を刺しても痛みが軽減するテープを
貼ってもらいました。 

点滴の針は、とっても太くて、手術の翌日まで針をつけたままなので
このテープがあると腕を動かしても痛みが出ず、漏れないそうです。

8時、母が来てくれました。
手術は9時30分からだと言っておいたのに
こんなに早い時間から来てくれました。

トイレ、着替えを済ます。

8時30分、点滴開始。

9時45分、手術室へ移動。

病室のベットのまま移動です。
コンタクトも眼鏡もはずさなければならないので
ほとんど何も見えない状態。

母は手術室の前まで着いてきてくれました。

行ってきます 

と、母に告げ、いよいよ手術室へ。

はじめて見る手術室。
ぼんやりしか見えないけど、ドラマのワンシーンみたい。

手術台まで移動。

先生が膝を曲げたり、伸ばしたりして、痛い箇所を最終確認。

膝を抱え込むような感じで、体を海老のように曲げ腰椎麻酔。
コレ、1箇所かと思いきや、そうじゃないんです!!
3箇所打ちましたが、これがなんとも 

麻酔が効いてくると、膝が曲がるかもう一度確認。
さっきまで、痛みで全然曲がらなかった膝がぐにゃあと曲がる。

やっぱり曲がるねぇ。 痛いから曲がらんかったんやねぇ。

と、先生。

麻酔が効いてるから自分の足じゃないみたい。
ぐにゃぐにゃに曲がるんだもん。

じゃあ、今から全身麻酔も点滴入れていきますね。

点滴が追加され、口には酸素マスク
顔の前にはついたてを立てられました。

いよいよ始まる・・・



ここから記憶がありません。
意識が戻るとまだ手術室。

手術、終わりましたよ

と、いう声が聞こえる。

意識は朦朧としているのに、何故だか涙がポロポロ流れる。

無意識のうちに、泣いているのを悟られないように
必死で、涙を拭っていました。

11時30分、母が待ってくれている病室に戻る。

泣きたいような感情はないのに、また涙がポロポロ流れる。

ポロポロ、ポロポロ、ポロポロ・・・

あれぇ、おかしいなぁ・・・? なんでやろ??

母はうなづいていました。


手術の所用時間は約1時間と聞いていましたが
私の場合は1時間半、掛かっていたので
きっと手術をしてもらったんだと、このとき確信しました

しばらくすると、手術所見の説明をするべく
主治医の先生がやって来られました。


どう・・・でしたでしょうか・・・?


恐る恐る聞いてみる。

先生曰く

滑膜(カツマク)というのが異常に増殖していたらしく、それを削り
次に、棚(タナ)という部分、これは本来不必要なものらしく
これを切除したそうです。

そして膝の中に水を流して、キレイに洗い
炎症となりうるものを取り除いて下さったそうです。

半月板、軟骨には問題がなかったそうです。

滑膜は、痛みのひどかった右より、左の方が増殖がひどかったようで
だったら、どうして右のほうが痛たかったの?って感じでした

やや疑問が残る感じでしたが、とりあえず原因が分かって
ホッとした方が大きく、それ以上は追求しませんでした

手術の傷は、片膝に3箇所づつ小さく切開したそうで
傷口や滑幕、棚を取った部分の痛みは1~2週間、
腫れは数か月続くそうです。

母に聞くと、術後の膝の状態は包帯をグルグルに巻かれ
冷たい水を入れて冷やすサポーターをしていたらしい。
自分では全く見えなかったので・・・


あーよかった  


膝の中、見たのはいいけど、原因が分からず、それで終わり・・・
なんていう最悪な結末にならなくて本当によかったです。

先生の説明を聞き終わると、ホッとしたせいか
すごく喉が乾いていることに気付く。

前日の22時から絶飲食。

でも、完全に麻酔が切れないと水分を取れません

少し休もうと目を閉じると頭がクラクラ、胸はムカムカ。
しんどいから休みたいけど目を閉じられない 

膝の感覚がようやく戻ってきたのは、その3時間後くらいだったな?

やっと喉を潤すことができました。

お腹もすいてきたけど、夕食まで固形物は食べることができないので
飴だけで我慢。

喉が潤ったのは良かったのだけど、同時に痛みがやってきました 

両膝がすっごく熱くて腫れている感じがよく分かりました。
そして、何も動かさないのに、すごく疼きます

手術当日は絶対安静で、導尿をしてもらい
夕食も30度しかベットを起こせません。

ひとりでは食事が無理なので、母が遅くまで付き添ってくれました。

朝早くから、夜まで、母には本当に感謝です
どれだけ心強かったことか・・・

めまいとむかつきは、相変わらず、続いていましたが
目を閉じなければマシでした。

ダンナと義母も見舞いにきてくれ、とっても嬉しかったです。

夕食は、お腹がすいていたのに、ほとんど食べられず。

でも、少しは元気が出ました 

母からはアイマスクを、ダンナからは耳栓を買ってきてもらい
ダンナには家で使っている枕も内緒で持ってきてもらいました。

痛みで1~2時間ごとに目が覚めるものの
なんとか眠ることができました

いびきはシャットアウトされ、アイマスクをすると真っ暗、
枕はいつものだから、初日よりは心地のいい眠りだったのでは・・・

ただ、寝る前にしてもらった座薬の効果がきれたのか
3時以降は、ひどい痛みのために全く眠れずでしたが

そんなこんなで、不安だった手術も無事終了し
入院2日目を終えたのでした。

(術後の先生の説明では、痛みは1~2週間ということだったけど
3週間以上経った今でも、まだ痛いんですけど・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
手術前後の様子を読んでて、自分の手術時のことを思い出しちゃいました。

手術前の点滴のこと、手術室がドラマで見るみたいだったこと、
手術後、麻酔が切れたらすごく喉が渇いたこと、術後はじめての食事は久しぶりですごく食べたかったのになぜがあまり食べられなかったこと、
・・・などなど。。。

お腹の手術と足の手術では全然違うと思うけど、
結構共通点があって、いろいろ蘇ってきました。

アイマスクと耳栓でいびき対策したのね。
それは良いアイデアだったね。

3週間経った今でも痛みがあるのはちょっと心配だね。
早く痛みがなくなるといいけど。。。
2007/06/13(Wed) 21:54 | URL  | ポラリス #-[ 編集]
けろっこさん、おはよう。
下の記事↓から読んだんだけど、ほんとがんばったね!!
涙がぽろぽろ出ちゃったのね・。
手術、とってもとっても怖かったもんね。
でも、原因も分かって、ほんとにほんとによかったね。
私は、ポリープとFT手術しか経験はないけど、その手術だけでもとっても怖かったし、あの手術室には2度と入りたくないって思ったよ。
でも、結局、採卵の時も手術室らしいのよね・・・。
入院となると、同室の人のいびきとかあると大変だよね。
私はたぶん絶対眠れないと思うよ。
足がまだ痛みがあるみたいだけど、やっぱり人の体はそれぞれ異なるから痛みがなくなく早さも個人差があると思うよ。
だから、今はあんまり考えずにゆっくり過ごしてね。
2007/06/14(Thu) 09:25 | URL  | りかりん #-[ 編集]
ポラリスさんへ
ポラリスさんも入院の時はこんな感じだったんだね。
お腹の手術の場合は、絶食の期間がもっと長いだろうから
すっごく楽しみにしていた食事なのに、食が進まなかったんだね。

アイマスクと耳栓、とってもよかったよ。
でも、慣れてきた頃には、目覚めたら必ずどこかへいってたの(笑)
無意識で取ってしまってたんだよー。

最近、ちょっと焦るというか、このまま治らなかったら・・・
とかマイナスのことばっかり考えてしまうの。
でも、ダメだよね。 奮起しなくっちゃ!
2007/06/14(Thu) 12:10 | URL  | けろ→ポラリスさん #r.3wvYC6[ 編集]
がんばったんだね
入院や手術、ほんとに大変だったんだね。
ほんと、おつかれさまでした。

けろっこちゃんの手術とは、大変さや痛さは全然違うから一緒にしたら怒られそうだけど、私も前回のAIHの後、なぜか涙がポロポロ出てきて止まらなかったよ。
けろっこちゃんと同じで、泣きたいような気持ちはないのに、勝手にどんどん出てきてた…。
自分でも、なんで??って不思議だったなぁ。

けろっこちゃんはそれまですっごくがんばってて、不安な気持ちもはりつめてて、それが無事終わったことで安心したのかな?
それに他にもいろんな感情があったんだろうね。

痛みもまだ治まらないんだね…。
辛いよね…。

でも、きっと大丈夫!
けろっこちゃんはこんなにがんばったんだから、あとは良くなる一方だからね!!
ここまでずっとがんばってきた身体と心、今は無理せず、ゆっくり休ませてあげてね。
2007/06/14(Thu) 12:11 | URL  | めい #-[ 編集]
りかりんさんへ
はじめての入院で自分が思っていたより不安だったんだね。
今になって振り返ると、すごくよく分かります。

りかりんさんは、これから採卵だもんね。
不安と怖いっていう気持ちがあると思うけど
どうか優しいダンナさまと頑張って乗り越えてね。

痛みと腫れが相変わらずひかないし、
すごく治ってきたーという劇的な変化がないから
不安も募ってしまうんだー。
こんなんじゃダメだよね。 リフレッシュしなくっちゃ!
2007/06/14(Thu) 12:16 | URL  | けろ→りかりんさん #r.3wvYC6[ 編集]
めいちゃんへ
めいちゃんもAIHの後に涙が出たのかぁ。
やっぱりめいちゃんの言うように、張り詰めてた気持ちが
解かれて、安心したという気持ちの表れだったんだねー。

もっと早く完治するものと思ってたから、最近はちょっと
しんどくなってきちゃったよ。
友達の妊娠が立て続けに分かったりもして
マイナスの気持ちに拍車がかかったのかも・・・
今はちょっと落ちてるけど、そのうちまた浮上して
頑張るよ!
2007/06/14(Thu) 12:25 | URL  | けろ→めいちゃん #r.3wvYC6[ 編集]
手術、本当にお疲れ様でした。
初めてのときってすっごく緊張するよね。
アタシも初めての手術のとき、ドキドキだった。
明るいライトに手足を縛られて、なんか音楽が流れてたなぁ。。
アタシなんて手術が終わったあと、ストレッチャー?の上で
暴れたらしく、『○○さん、おちますよ!!おちますよ!!』って
お医者さんに言われたらしいです(。>0<。)
麻酔が効いてたから記憶はなかったんですけどねー。
痛みがなかなかひかないのは辛いけど、少しずつ回復に向かっていると
思うので、この調子で完治するまでのんびりと過ごしてくださいねっ!
2007/06/14(Thu) 22:07 | URL  | みき #tiYPXNhA[ 編集]
みきさんへ
みきさんも、やっぱり緊張したんだね~。
未知の世界だから、そうなっちゃいますよね。

痛みは、夜~翌朝にかけて、雨の日はいつもより
痛みがひどいです i-183
本当に少しづつだけど、回復に向っているとは思うんだけど
この状態がいつまで続くのかを考えると、少し不安になります。
同じ時間を過ごすなら、マイナスに考えるより、プラスに
考えた方がいいので、気持ちを切り替えていかなくっちゃ!
ありがとうね。
2007/06/15(Fri) 10:13 | URL  | けろ→みきさん #r.3wvYC6[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。